FC2ブログ

すっーと理解できるとき

こどもクラス
10 /03 2017
いつも、いつもレッスンのときに
かんたんな内容(今までの復習)ばかりでは
上達できません。

毎回のレッスンでは、
今よりちょっと難しいことを学びます。
それでも、すっーと理解できるお子さまもいれば
「むずかし~い」と目に見えない壁を作ってしまうお子さまもいます。
その違いは、いったいどこから生まれるのでしょうか。

お子様が小さいうちは、月齢の差も理解力に影響するかもしれません。
しばらくレッスンをお休みしていて、久しぶりだと
内容が進んでしまっていて、戸惑うのかもしれません。
何かお家で気になることがあって、心配の気持ちが大きいのかもしれません。

そのような時でも、ほんの少しでも
出来ているところを認めて
声をかけると
レッスンの短い時間のなかでも、
集中力、頑張る気持ちが見違えるほど明らかになります。

お声掛けの重要性を日々感じています。
そして、繰り返し、繰り返し、
いつの間にか子供たちが「か~んたん」と思えるように
なるまで練習をすることが大切だと感じています。

すっーと理解しても、すっーと忘れてしまわないように
レッスンでは繰り返し学習しています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント