FC2ブログ

学びの段階②

英語学習
12 /11 2017
学びの第一段階 「わからない」


人は何かを理解しようとするとき
これまでの自分の経験や知識を基にします。


大人になれば、これまでのさまざまな経験が
支えとなりますが、まだ小さなこどもたちにとっては
学びの段階を経験すること自体がまだまだ少ないのです。


大人でも
何かを新しく学び始めるときは、
何を聞いても、なかなか頭に入っていかず
すぐに理解できるものではありません。


このときに
わからない、できない、といって
すぐにやめることがないように
支えてあげたいですね。


「わからない」というときは
「(わかりたいのに)わからない」と言っている場合が多いです。
「できない」というときは
「(上手にやりたいのに)できない」と言っていることがあります。


最初から上手にできる人などいません。
やってみたい、上手になりたい、という強い想いを
持ち続けられるように
身近な人の声掛けがとても大事です。


「英語レッスン、楽しめたようで良かったね。」
「どんなことしたの?」
「CD聴かせてほしいな」
など、どのようなことでもいいです。
こどもたちが英語を学んでいることに
関心を持っていることを伝える言葉をかけてあげてください。


分からないのに、楽しめる、というのは
実はすごいことです。
楽しいと感じるときに、脳は活発に動いてくれます。
レッスンを続けていくことにより
少しずつ経験値が増えていきますので
だんだん、「なんとなくわかる」という
第二の段階に入っていきます。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント