FC2ブログ

筆圧②

こどもクラス
10 /06 2017
正しいえんぴつの持ち方が出来る子は
学力も高い?

どのようなことにも通じることですが
正しいフォームで行うことはとても重要です。



小学校に上がると
最初の頃は、ゆっくり進みますが
だんだん先生の書かれたものを写して書くことが
増えてきます。

そして、中学年、高学年と学年が上がるにつれて
書く分量も多くなり、書かなければならないスピードも速くなります。

このときに、細くて、うす~い字しか書けない
筆圧のないお子さまは
だんだん板書を写して書くのが
大変になってきます。

書くだけで精いっぱいですから
先生の説明も、じっくり聞くことができない状態になります。
書くのがますます億劫になり
書くのにとても時間がかかるので
どうしても遅れます。

そして、それが嫌なので
高学年や中学校に入る頃には
いつの間にかほとんどノートを取らなくなり。。。
という悪循環になってしまいます。

これまで20数年指導してきていて
あるとき、このことに気が付きました。
極端に思われるかもしれませんが
実際何人もそのようなお子様を見てきました。

それからは、えんぴつの持ち方について
意識して声掛けしています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント