FC2ブログ

Thank you と Thank you for~

小学生クラス
01 /17 2018
年明け最初のレッスンで
幼稚園児クラスの女の子が
「先生、プレゼントどうもありがとう」と
言いに来てくれました。


クリスマスプレゼントのことです。

そのお子様は、12月の一番最後のレッスンのときに
体調が悪くレッスンをお休みしました。
通常であれば、翌週のレッスンで
お渡しできるのですが
そのときは、その日が冬休み前最後の
レッスンでした。


それで、その子のお家にプレゼントを郵送いたしましたところ
お母様からは丁寧なお礼のメールをいただきました。
少しでも元気が出てくれればと思っていましたが
年末年始の慌ただしさから
そのことはすっかり意識の中にはございませんでした。


でも、その6歳の女の子は
覚えていたのだと思います。
年明け一番最初のレッスンのときに
私の目をみて
「先生、プレゼントどうもありがとう」と
言ってくれたのです。


私は愛おしくて、Hugしました。
お家できちんと教えられているのだな、と感じました。


「ありがとう」と「~してくれて、ありがとう」は
似て非なるものだと思います。
英語でも同様です。
Thank you. と Thank you for~. は
言われたほうの印象が大きく変わってきます。


なにを「ありがとう」と思っているのか、
そのことをきちんと言葉にできることは
とても、とても素敵なことだと思います。
私は、そのことを改めて認識させてくれた
その6歳の女の子に感謝しています。


英語レッスンの前のほんの数秒の出来事でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント