FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木を見て森を見ず

こどもクラス
02 /19 2018
You cannot see the wood for the trees.

よく知られたことばですが
ときどき、このように感じることがございます。


こどもたちは、ひとりひとり違います。
理解力も集中力も学力も異なります。
それらのこどもたちを伸ばしていくためには
どうしたらよいか、
指導者としては常に自問している課題でもあります。

木を見て森を見ず
に込められた意味は、
全体(森・木がたくさんあるところ)を見て
個々を見る必要がある、ということだと思っております。


となりの木をみて、
この枝をもっと伸ばしたい、と思えるような環境が必要ですが
それが、今の現状で「できていない子」を否定するようであってはいけません。
ポジティブに、建設的に、一歩ずつでいいので
良い面を伸ばしていけるように
声掛けは大切だと思っています。


声掛けは心の栄養補充だと思っております。
より頑張れるように、やってみようと思えるように
前向きで、やる気が出る声掛けを
ご家庭でも行っていただけるとありがたいです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。