学びの段階④

英語学習
12 /13 2017
学びの第三段階
「わかる、でも間違えることもある」


それまで「わからない」状態だったのが
なんとなくわかってくる頃です。
こどもたちは、よく「勘」という言い方をします。
「勘でやったらできた」というように。


正しい答えがどちらか
なんとなく感覚でわかるようになってくる段階です。
でも、まだまだ自信がない状態です。
「勘」なので、間違えることもあるからです。

続きを読む

学びの段階③

英語学習
12 /12 2017
学びの第二段階「なんとなくわかる」

「わからない」状態から
「なんとなくわかる」状態になるのは
個人差がありますので
一括りにどのくらいと申し上げられませんが
そんなに時間はかかりません。


第一段階の「わからない」状態でも
楽しめているなら
脳は活発に動いてくれていて
理解しようと情報を処理してくれています。

続きを読む

学びの段階②

英語学習
12 /11 2017
学びの第一段階 「わからない」


人は何かを理解しようとするとき
これまでの自分の経験や知識を基にします。


大人になれば、これまでのさまざまな経験が
支えとなりますが、まだ小さなこどもたちにとっては
学びの段階を経験すること自体がまだまだ少ないのです。

続きを読む

学びの段階①

英語学習
12 /08 2017
何かを学ぶときには
次の5段階の過程を経ていきます。

1.わからない

2.なんとなくわかる

3.わかる、でも間違えることもある

4.わかる、ほとんど間違えないが、説明できない

5.わかる、そして、きちんと言葉で説明できる

続きを読む

道は開ける

英語学習
12 /07 2017
「道は開ける」
ディーン・カーネギーの有名な著書の題名(邦題)です。


道が開けるのは
道を開きたい、という強い意志のある場合が
ほとんどで
いわゆる
棚ぼたはあまりないのではないでしょうか。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。