合格

英語学習
03 /22 2018
教え子が志望校に合格


教職に携わるものとして
本当に嬉しい瞬間です。
これまでのがんばりを知っているので
どの子にも「合格」の喜びを味わってほしいと
願いながら、報告を待っていますので
「無事に合格しました」と知らせがくると
安堵の気持ちでいっぱいです。

続きを読む

2 sides 声掛け④

児童教育
02 /26 2018
小さなレベルの「やりたくない」と
大きな「やりたくない」がありますよね。


小さなレベルだと
年齢にもよりますが
例えば、幼稚園児なら
自分でジャンパーなどの上着を着て
チャックをしめるのが大変だから
着せて欲しい、とか
自分でくつしたを履くのが時間がかかってしまうから
履かせてほしい
お世話してほしい、というような時。

続きを読む

2 sides 声掛け③

児童教育
02 /23 2018
「やりたくない」
「いきたくない」
「もうやめたい」と言っているときは
こどもたちからのサインです。


頭ごなしに「ダメ」とねじ伏せるのではなく
その気持ちを受け止めてあげてください。
受け止めることは、要求を受け入れることとは違います。


例えば、
もう夕食の支度を始めないといけない時間ですが
疲れて動きたくない時、何も作りたくないとき
ありますよね。


続きを読む

2 sides 声掛け②

児童教育
02 /22 2018
このブログでは、何度も声掛けの大切さについて
お話していますが、声掛けの仕方、言葉の選び方によって
全く異なる反応が生まれてくるので
ぜひしっかり理解していただけたらと思います。

先日の大雪では、家人が帰ってきたときに
車を入れられるように、私も連日雪かきしていました。
家人が帰ってきたときに、もし最後まで出来ていなかった時
みなさんはどちらの言葉を聞きたいですか?

「えっ~。まだできていないの。これじゃ、車入れられないよ。」
「時間あったでしょ。どうしてもっと早くからしておかないの。」

続きを読む

2 sides 声掛け①

児童教育
02 /21 2018
先日の大雪の大変さを
みなさんよく覚えておられると思います。


先日、ある小学校の先生と
お話をしていて、びっくりするようなことを聞きました。
(その先生は、決して愚痴をこぼされていたわけではございません。
お話の流れの中で、ふと漏らされて言葉に、私が驚いただけです。)


大雪の中、臨時休校となった小学校も多かったですが
先生方は、その雪の中でも連日
なんとか小学校へ子供たちが来れるように
雪かきをされていました。

やっと雪がすこし落ち着いて
小学校が再開となったときに
小学校には、保護者から
「通学路の除雪がされていない」という不満の電話が
数本あったそうです。
(そのように思われた方が複数おられたということです)

続きを読む